ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして 第6話ネタバレ

投稿日:

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして

無料立ち読みはこちら
ガリガリ娘を拾ったら
ムチムチ美女になりまして

抱き心地抜群のふっくらボディに育った少女はもっと男を喜ばせたくて

「すごく…気持ちいいです…」

脚を大きく拡げたナナの性器の穴にチ○コをねじ込む。

「いいですよっ…出して…」

ナナはもっと強く入れても良いと言うがもう出そうだ。

「おっ…おおおおおっ〜…」

射○した石川に対し、ナナは自分も気持ち良くなりたいと言ってきた。

「勝手にしますので…」

石川が挿入するとナナは、自ら自分の指をマ○コに伸ばし動かし始めた。

「気持良いです…入れられながらいじるの…」

石川はナナに早さを確認しながら腰を動かした。

「もっと…強くお願いします…」

「気持ち良いです…石川さん…」

気持ち良くて興奮しているナナは石川の指でいじってほしいと言ってきた。

「あっ…いっ…あああ…」

最近のナナは食欲旺盛だ。

「早くおっぱいを大きくしたいんです!」

大きくなったらチ○コを全部包みたいという願望があるのだ。

ナナの圧倒的な熱意に断ることもできず、こんな食生活を数ヶ月続けた。

次第にナナの胸は食事による栄養を吸収し大きくなっていった。

しかし、栄養を吸収していたのは胸だけではなかった。

「今日もやりますよっ!」

ナナの体自体栄養を吸収したので太ったのだ。

しかしナナ自身は太ったと思っていない。

「ベッドの音がひどいですね」

ナナが腰を動かすと、ギシギシとベッドが音が鳴るようになった。

「ギシギシがひどいので手で出しましょうか」

チ○コをシゴき始めるナナ。

「あんまり激しいのはベッドがうるさいので…」

「だから、ナナが太ったんだよ!」

いくら言ってもナナは自分が太った事を否定する。

挿入してまた腰を動かそうとするナナに石川は焦りまくる。

「待てって!ベッドが壊れる!」

言う事を聞かず、激しく腰をふるナナ。

なんとかベッドは壊れずに済んだが…

「そんなに言うなら…3発目は違う姿勢でやりますよ」

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして7

夜の公園で…

 

-ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして

Copyright© ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして~ネタバレと無料試し読み , 2019 All Rights Reserved.